気になって悩みになっていた目の下のたるみを改善した経験

年齢と共にお化粧ではごまかせなく


年齢が40代を過ぎたくらいから、目の下のたるみが気になり出しました。以前は全く気にすることなく生活を送ることができていたのですが、加齢によって徐々に肌質にも変化がみられるようになり、ほうれい線なども気になっていましたが、特に目の下のたるみ方は酷く、鏡で顔を見た際には随分と疲れているような顔になってしまっていました。実年齢よりも老けて見られてしまうことも悩みの原因となっていて、その後はスキンケアをしっかりと行うことと同時に、顔のマッサージなどを施して、何とか自力で回復させることを行っていました。 しかし、実際には十分な効果を得ることができずに、途中で諦めてしまったことがありますが、数ヶ月が経過すると、たるみの状態がさらに悪化してしまっている状態になったことで、大きな悩み事になっていました。


プレゼント
ワキガ治療
ユニタ整形外科・形成外科クリニック



整形外科で脂肪注入 次へ